最近、不動産投資の対象として人気なのが「駐車場運営」です。遊休地を有効に活用する方法には幾つかありますが、このコインパーキングの場合、資金的負担もかるいことから人気を集めているようです。某有名女性タレントの方も都内の幾つかの箇所で駐車場経営をしており、その収入で年800万円ほどの稼ぎがあるなんてニュースも以前に流れていました。何故、このコインパーキングの運営が注目されているのでしょうか?先ほどもふれましたが少ない初期投資で始められるということと、リスクが低いというメリットがあるからです。つまり、万が一あまりうまくいかなかったとしてもそのダメージが小さいということです。その場合にも更地に復帰させやすいので、思い切って始めやすいのかもしれません。皆さんにも余っている土地がおありですか?狭小地や変形地などの通常では活用しにくい土地であっても、駐車するスペースがあれば駐車場として活用できる可能性があります。

コインパーキング運営をする際には、ロック装置と呼ばれている機械も必要になるのですが、このロック装置にも複数種類があるので、駐車場経営を行う際には覚えておくべきことです。では、どのようなロック装置が存在しているのか見てみましょう。
最も一般的な種類はフラップ板タイプと呼ばれているロック装置で、設置する際や撤去する際にも簡単にできるため、駐車場運営者にとってみれば嬉しい存在となっています。そしてコストがある程度高くなってしまうものの、乗り逃げしにくいタイプとして人気なのが昇降式ロックプレートタイプです。
他にも車の前面にロック板を設置する前面ロックプレートタイプや、バーが前面に下りてくるようなスイングロックタイプというロック装置も存在しているのですが、いずれもスペースを広めに取らなくてはいけないので、大きなコインパーキング向けのロック装置となっています。いずれも一長一短があるので、パートナー会社とよく相談した上で、最も適しているロック装置を使用しましょう。

お盆休みが始まりましたね。早速、ニュースでは渋滞60キロといったニュースが流れていました。毎年、この時期になると渋滞のニュースを聞くのに何故に懲りることなくわざわざ渋滞に巻き込まれに行くの?と不思議に思う方もおられるかもしれません。ちなみにこの時期になると、渋滞している高速道路をそのまま走るのと、一般道に下りて下道で行くのではどちらが速いのかを検証する!なんていう特集をよくやっていますよね。渋滞学の研究をしている教授によれば、高速道路をそのまま走ったほうが断然速いようです。それにしても、車好きの私からすると、たとえ渋滞しても人でごった返す電車や飛行機よりは良いのです。だって、クーラーも利いてるし、好きな音楽聴けるし、車内はプライベート空間だし。確かに、と思いましたか?だけど免許が、、、という皆さん、夏が終わるこの時期こそ、合宿免許で免許を取るチャンスです。ハイシーズンを過ぎると教習費用が少し安くなります。是非チェックして渋滞デビュー、、、いやドライバーデビューしませんか。

この夏、免許を取る予定の方いますか?
免許を取るって人生の中でも大きなイベントの一つですよね。
私も、受験以来の緊張感でした。ほぼ毎日教習所へ通って、学科教習を受けて、実車教習をして2ヶ月以上にわたる教習を経て晴れて免許を取得することができました。
学生時代の受験と比べて、一番の違いは実地試験があることです。隣に教官が座って運転するあの緊張感、、、終わるといつも家に帰って脱力していました。
免許取得の過程を楽しむ秘訣の一つは教官と仲良くなることです。私も、教習所の幾人かの教官と仲良くなりました。
おかげで実車教習でもその教官が横に座ってくれるときは緊張せずにリラックスして運転できたものです。
リラックスしているとやはり落ち着いて運転できますよね。
教官と仲良くなるという観点から考えると、合宿免許、とっても良いみたいです。
2週間という短期間で、毎日教官と顔を合わせるため、すぐに仲良くなれるみたいですよ。
この夏、免許を取ろうと思っている皆さん、合宿免許どうですか?

OEMとは、オリジナルエクイップメントマニュファクチュアラーの略になります。
競合先のブランドによって、商品を製造することであり、パソコンや車業界だけでなく、健康食品OEMも多く販売されています。
OEMを行うことで、販売力はあるのに、工場の規模が小さかったり、人手不足だったりする会社や、生産能力は高いのに、販売する力が劣っている会社などが、お互いにメリットとなる取引と言われています。
メーカー同士の場合もあれば、メーカーと商社で行われるケースもあるでしょう。

OEM健康食品や、医薬部外品、化粧品などを受託製造しているOEMを専門に扱う古城もあり、作られた最終の商品は、百貨店やドラッグストア、ネットショッピングなど様々な方面で販売されています。
製品の企画から、受託して製造を受けるまで、一貫した流れで、柔軟かつ迅速に対応できるのでメリットは高いでしょう。
健康食品などは体内に摂取するもので、毎日継続して食べたり飲んだりする場合が多いでしょう。
そのため安全性が確立されていなければ、心配ですし、安心して摂取するためにも、きちんとした製造方法がなされているOEM健康食品を手に入れたいですね。

集合住宅の賃貸経営の場合、長年物件を抱えていると、いつかは建物が老朽化してきます。
排水管もその一つで、集合住宅の場合、戸数が多いため、定期的に排水管の清掃をしないと、老朽化が早まる可能性が高くなります。

特に排水管を詰まらす大きな問題は、やはり髪の毛やゴミなどがかたまったヘドロです。
ヘドロが排水管にこびりついてしまうと、問題が大きくなってしまい、漏水の原因にもなります。
水道工事にお願いをして、定期清掃をするのが一番ですが、あんまりにも老朽化がひどい場合や、オーナーの判断によって、排水管の定期清掃を好まない人もいます。

清掃が出来ない場合は、定期的な漏水チェックだけでも受けるようにした方がおススメです。
集合住宅の方が、一度排水管にトラブルが起きてしまうと、問題が大きくなり、水道工事の費用も高額になる傾向がありますので、定期点検を上手く利用するのが一番良い方法だと思います。
オーナーさんは、懇意の水道工事業者さんを見つけた方がいいですね。

住まいる水道なら安心です。まずは無料の見積もり・相談がよいでしょう。

温かい地域ではあんまり見られない水道工事の問題ですが、東北や寒い地域では、冬の水道の凍結は非常に多い悩みです。

主に水道の凍結が多くなってくるのは、12月から2月の雪が降るような寒い時期です。
水道が凍結すると、水が出なくなるだけでなく、修理費用も膨大になります。
そのため、マンションなどでは、凍結注意の張り紙が出回ったりします。
特に外気温がマイナス4℃以下になってくると、凍結は多くなってきます。

水道を凍らせないようにするためには水道管の水抜きがベストです。
特に水道が凍結すると、かなり問題になってくるのが、集合住宅の場合です。
パイプがつながっているので、周りの人にも迷惑をかける可能性が出てきます。
凍結して水道工事の修理費用が高くなってしまう前に、普段から自分で水抜きをするなど、こまめに手入れをしておくのが大事だと思いました。

冬場の水道の凍結には、出来るだけ気を付けましょう。
寒い地域に多い現象なので、豪雪地帯は要注意です。

水耕栽培は、子供のいる家庭ほど是非挑戦して欲しいです。
野菜が成長、収穫され、自分の口に入るまでの過程を学ぶことができるチャンスです。
現在、食育として、自分たちで育てた鶏をしめて、自分たちで食べるという教育に挑戦している学校などもあります。
肉の場合は、愛着の沸いた動物を殺すことになり、子供も泣きながら食の大切さを学びますが、
水耕栽培の場合は、収穫の喜びを家族と分かち合いながら体験できるので、非常に良い食育方法だと思います。

水耕栽培をしている家庭では、子供が収穫を楽しみにしていたり、家族の共通の話題が増えたことで、家庭内の会話が増えたという話もよく聞きます。
我が家でも、毎回収穫の時には、子供たちが誰が収穫するかで、毎回大喧嘩です。

自分たちで育てたという気持ちがあるから、野菜も積極的に食べようとします。
たかが家庭菜園ですが、ちょっとしたことで、家庭の雰囲気も変わります。
子供の野菜嫌いを直すためにも良いと思います。

家庭用園芸ならAgrioの水耕栽培がよいです。

駐車場を経営する場合には、大きく分けると月極駐車場コインパーキングがあります。
この2つはどこが違っているのでしょうか。

月極駐車場とは、毎月いくらという形で借りる駐車場で、主にアパートやマンションに隣接しているのが一般的です。

それに対してコインパーキングというのは、1時間いくら、30分でいくらという形で借りられるだけではなく、月極駐車場のように煩わしい契約なども無いので、誰でも気軽に利用できる駐車場となっています。
主に商業施設や駅前などにあるのですが、近年このコインパーキングが増加傾向にあります。

駐車場を運営する場合には、面積が広くて借り手が多くいる地域では月極駐車場の方が有利ですが、面積が小さくて、人の出入りが激しい地域であれば、コインパーキングの方が有利になるので、駐車場を運営する土地の状態によってどちらにするのか判断するべきでしょう。

現在では比較的狭い土地を所有している場合が多いため、コインパーキングを運営する人が多くなっていますが、機械の設置が必要になります。

コインパーキング運営なら、エコロパーク

通常の賃貸住宅では滅多に無い事ですが、シェアハウスの場合には時々キャンペーンを行っている場合があります。キャンペーンではどのような事が行われているのかというと、期間限定で家賃が通常よりも安くなっている場合や、管理費が無料になっている場合が一般的です。
このようなキャンペーンをうまく利用するとかなりお得なのですが、キャンペーンを行っているシェアハウスはかなり少ないですし、新築や建て替えなどを行った場合にのみ行われる事が多いので、通常の家賃に戻った時には少々高くなる場合もあります。
新築の家賃が高いのはシェアハウスに限った事ではなく、一般的な賃貸住宅にも言える事なのですが、シェアハウスは知っての通りに数人で家賃を分割して払うのが一般的です。よって多少家賃が高くても、シェアして支払う分安く済むという利点があるので、多少高くても問題は無いでしょう。
キャンペーンの情報を集めるのは大変ですが、キャンペーンを行っている家はかなり人気があるので、早めに契約しておかなければいけません。

ogtzuq